久留米版徒然草 Vol.123

戦火を耐え抜いた建物

大牟田市役所庁舎。昭和11年(1936)竣工。戦火を耐え抜いた建造物で、その“証拠”として高射銃の台座・防空監視哨・防火用水槽などが残されている。保存か解体かをめぐって数年前から市政が揺れている。結論は出たのかしらん。

前の記事

老舗書店の黄昏

次の記事

銀河鉄道の父と妹New!!