5者のコラム 「学者」Vol.145

所有的知性とレンタル的知性

 統計数理研究所の樋口知之所長がネット上で次のように語られていました。

私が若い頃は図書館で論文を探しプログラムを自分で書いた。図書館のどの雑誌にこの情報はあるはずという構造化された考え方をしていた。今の世代は初めから検索だ。知識はフラットで必要な情報を検索し足りないものは集めてくる。不得意分野は得意な人から力を借りる。借り物であることに抵抗がない。分野の垣根なく繋がり高速にアイデアを試していく。

 昔の弁護士の蔵書観も「構造化された考え方」でした。所有的知性あるいは書斎的知性と言えます。私も事務所と自宅に相当な量の書籍を有しています。何処にどんな本があるかを概ね把握しています。人気コラムニスト中野翠さんは本棚を「一種の祭壇ですね」と表現していました。とても共感します。ただし本は重く結構な場所を占めます。私が読んだ本は痕跡が残るので商品価値がありません。将来の処分費用のことを考えると、蔵書は資産ではなく負債です。旧世代の人間なので本棚には「知の神様」がいる感じがして蔵書を処分することができないのです。
 これに対して現在の「フラットな考え方」はレンタルする知性・シェアリングする知性です。蔵書は持たず(必要最小限にとどめ)必要に応じてネット上で検索し、現物が要る場合は図書館から借りてコピーする。それは(資産を増やすというより)負債を最小限にする考え方です。「蔵書は中央に1つあれば足りる。あとは各自がアクセスの手段を持ち検索技術を磨けば良いだけのこと」。若手弁護士の事務所は実際にこうなってきていて書籍が極端に少ないと感じます。背景に物理的な占有コストが昔より高価になっているという事情もありますが、より根本的には電子データのアクセスの容易さ・コピペの容易さが優れていることが理由です。若手弁護士は法律情報のレンタルやシェアリングに抵抗がありません。時代の趨勢ですね。

前の記事

真実と和解の関係

次の記事

良き講師としての志と技術