5者のコラム 「5者」Vol.18

弁護士報酬はお布施ではない

 「お布施」とは葬式で遺族がお坊さんに渡す金員を指します。遺族にとってこれを幾らにするかは悩ましい問題です。市民にとり「お布施」とは相場を隠すことによって支払う側に無言のプレッシャーをかけるお寺側の呪いではなかったか?私はそう思います。かつて「弁護士報酬はお布施である」と論じられたことがあります(日弁連弁護士業務改革委員会「弁護士改革論」ぎょうせい224頁)。厳密な意味における「布施」とは仏教における六波羅密の1つとして、モノへの執着を断ち切るために自己の金員を他者に施す修行です。布施とは貰う側のためのものではなく与える側のためのものなのです。「弁護士報酬はお布施である」という文章は、弁護士が依頼者からお金を貰うことにより依頼者の修行を助けるという意味になります。変な話です。
 弁護士報酬お布施論はバブル時代に「清貧の思想」の1つとしてもてはやされましたが、ある意味で「裏返しのバブル思想」ではなかったかと思います。契約関係を規律する仕事を行う弁護士集団(日弁連)のトップが、冷静な契約関係から最も遠い金員受領の思想を有していたのです。それは依頼者に対し「幾らでもいいですよ」と優しい顔をしながら、裏ではしっかり相場以上の金員を支払ってくれることを期待する弁護士側の呪術ではなかったか?弁護士報酬は絶対に「お布施」ではない、私はそう思います。弁護士は職業として仕事を行っています。依頼者のために最善を尽くして結果を出せたならば、契約に定めた明確な金員をいただいて良いはずです。それは呪術から離れた・クールな・合理的なものでなければなりません。今時、若い弁護士さんに弁護士報酬を「お布施」と認識して受領している方は存在しないでしょうね。