法律コラム Vol.64

弁護士会ADR

 福岡県弁護士会は裁判外紛争解決(ADR)制度を有しています。部会毎に仲裁人名簿が整備されています。以下は仲裁人として担当した事案の報告です。

 私は今年4月から筑後部会紛争解決センター仲裁人名簿に名を連ねている。
 5月9日、さっそく部会事務局より4月末に申立がなされた事件について仲裁人を引き受けることが可能か否かの打診があった。特に利害関係がなかったので引き受けることにした。事案は筑後地区内の某建築現場における建築会社と近隣住民間の紛争であった。施主から利害関係人としての参加申し出があった。マニュアルを参照し、特に支障は無いようだったので参加を認めた。
 5月28日、筑後弁護士会館ADR室で双方の言い分を聞いた。どの方も理知的であり話を冷静に進めるには良い条件であった。問題が2つあった。1つは現場状況が判らないこと・もう1つは1人で進めるには建築に関する専門知識が不足していることだった。私は次回期日を現場で開くことにし、専門委員として1級建築士の先生を選任して頂くように事務局にお願いした。
 6月7日、第2回期日を現場で開いた。現場で双方の説明を聞くことは仲裁人にとって有難いばかりでなく、当事者にとっても「きちんと調べて貰っている」という満足感をもたらす。相手方の住居を借りて再度双方の言い分を聞くとともに自分が考える解決の方向性を述べた。医療過誤事件を解決した経験が役に立った。
 6月17日、第3回期日は弁護士会館に戻り双方から意見を聞き和解の可能性を探った。専門委員は問題をクリアーに整理して頂ける素晴らしい方だった。専門委員の意見を踏まえ仲裁人としての意見を明瞭に述べた。
 7月1日、第4回期日において仲裁案に双方から同意が得られたたため和解が成立した。4回で合意に至ったことは仲裁人として喜ばしい。裁判所の調停ではこんな素早い進行は望めないであろうし2回目に現場に行くという機敏な対応も難しいのではないか。1級建築士に専門委員として係わって貰えたことは当事者の納得を獲得するために有効であった。初めての仲裁人だったが何とかお役に立てたのではないか。

*「福岡県弁護士会月報・紛争解決センターだより」(2013年9月)に掲載。

前の記事

刑事弁護入門

次の記事

損保会社の意見書