歴史散歩 Vol.7

寺町の遍照院

 遍照院には江戸から昭和にかけての久留米の歴史が凝縮しています。以下「久留米市史第二巻」及び「第三巻」高山精二「久留米の町・寺社めぐり」福岡県歴史教育者協議会編「福岡歴史散歩北九州筑後コース」(草土文化社)などを基礎にしてご案内いたします。

 寺町は久留米城を東側の攻撃から守るため整備された寺院群で17カ寺が甍を連ねます。遍照院は元和8(1622)年、臨済宗妙心寺派の僧(漢室)が開いた金剛寺に遡ります。三世住職のときに廃絶されましたが、祇園寺(法務局横・維新後の神仏分離によりスサノオ神社が残された他は廃寺)の四世・快応が藩の許可を得て小堂を建立し遍照院と号したのが始まりです(真言宗)。遍照院は高山彦九郎の墓がある寺(菩提寺)として全国的に著名です。高山彦九郎は江戸時代中期に勤王論を唱えて30年間全国を放浪した人。高山が勤王に目覚めた背景には自分が南北朝時代に北朝方と対峙した菊池氏側近の末裔だとの自覚があったようです。南北朝の争いの大舞台の1つが久留米から小郡であり、このため高山は久留米に特別の思いを持っていました。付近には「宮の陣」や「大刀洗」など故事にちなむ地名が残されています。朝廷は勤王の「宣伝マン」である彦九郎に注目して、光格天皇に拝謁させる特別待遇まで行いました(一坂太郎「幕末歴史散歩京阪神篇」中公新書4頁)。この頃の高山の姿を示した銅像が京の三条大橋東詰南側にあります(揮毫・東郷平八郎)。
しかし幕府の追求が激しくなり高山は逃れられなくなります。寛政5年、高山は久留米の友人森嘉善宅(東櫛原町)で自刃します。ここに饅頭塚が設けられています。 辞世の句。

朽ち果てて身は土となり墓なくも、心は国を守らんものを

 高山彦九郎は後の倒幕運動に多大なる影響を与えました。真木和泉守は高山を崇拝し尊皇思想を高めたものと言われます(「水天宮界隈」参照)。真木が天王山で自刃した際の辞世の句。 

大山の峯の岩根に埋みけり我が年月の大和魂

 遍照院はこの自刃地より300メートルほど南側にあります。入り口を上がって真っ直ぐ歩いていくと正面に墓が見えてきます。
 萩の吉田虎次郎は彦九郎の諡「松陰以白居士」から以後「吉田松陰」と名乗るようになりました。

身はたとい武蔵野の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂

 松陰の辞世の句は高山彦九郎と真木和泉守を意識して作られたものと考えられます。

  久留米は幕末に勤王の志士たちが活発な交流をした場所です。軍事力(軍艦や大砲等を多数保有)や技術力(東芝の始祖である田中久重が著名)も抜きんでていました。政治的な巡り合わせがよければ薩長土肥に続く勢力とすら言い得たのです。しかし、幕末の有馬藩は政治的なセンスに欠けていました。有馬藩は当初は家老有馬監物や参政不破美作らの公武合体派が藩政を担当し、現実的な開港策をとっていました。しかし慶応4年1月26日、参政不破美作が暗殺されます。久留米城下の上級武家屋敷にあった屋敷の前です(現在の篠山小学校三島門の前。)久留米藩における「桜田門外の変」とも言えるものです。本来であれば藩は犯人を厳罰にすべきものですが、首脳部は実行犯の行動を是認し公武合体派を処分します。藩政はテロにより観念的な尊王攘夷派へ転換させられました。テロ実行者の意向に添う形で尊攘派の幹部である水野正名が藩政を担うことになります。公武合体派の今江栄など有為の人物が多数処刑されました(明治2年殉難十志士)。

 久留米藩は戊辰戦争で武器や軍艦を提供して新政府に協力します。しかし、テロで方針転換した観念論的な藩の性格(外国交易への反対・廃藩置県への反対)により開港や廃藩を進めようとする新政府から反政府的と見られました。特に木戸孝允は反体制の主要勢力として久留米藩を見ていました(薩長の尊王攘夷論は権力を奪取するためのポーズに過ぎず長州藩や薩摩藩はイギリスに留学生を派遣していた)。明治3年、長州藩で発生した騒擾の指導者大楽源太郎が久留米に潜入したため久留米藩への嫌疑が更に大きくなりました(薩長の「主張と行動の矛盾」の指摘は新政府への反抗を意味した)。明治4年、政府の追求により大楽源太郎らは筑後川河畔(小森野)で誘殺されます。誘殺した松村雄之進らは大楽源太郎ら4名の死を悼み遍照院に墓を建てました。「耿介四士」と呼びます。久留米藩は処罰を受け有為の人材を失います。「久留米藩難事件」と呼びます。この事件は九州における「士族の反乱」と称される国内混乱の魁となります。 

 遍照院は高山彦九郎や大楽源太郎を慕う陸軍軍人が多数参拝しました。大楽の教え子で後に総理大臣にもなった寺内正毅は大楽源太郎の命日に欠かさずお参りをしていました。着任した第18師団師団長も必ず参拝しました。著名軍人の寄進による植樹碑が残されています(山縣有朋・寺内正毅・井上良馨・大山巌など)。遍照院は軍(特に陸軍)の精神的支柱となっていたのです。
 遍照院には昭和35年に月星化成株式会社(現株式会社ムーンスター)より寄贈された見事な日本庭園があります。同社は久留米のゴム3社(他の2つは株式会社アサヒコーポレーションと株式会社ブリヂストン)の1つであり、「つちやたび」以来の長い伝統を誇る久留米の老舗です。庭園内には同社から寄贈された立派な茶室もあります。

* 教科書で刷り込まれる「明治維新」のポジティブなイメージには懐疑の目を向けるべきです。薩長両藩の尊王攘夷論は徳川家から権力を奪取するためのポーズに過ぎませんでした。実際にイギリスと交戦することによって両藩は「攘夷」なるものが不可能であることを熟知しており、「攘夷」どころかイギリスに留学生を密かに派遣していました。この対内的主張と対外的行動の矛盾(2枚舌)は事後の薩長藩閥政権の基本となり、そのスタンスは現代にまで続いています。

次の記事

歴史コラム(古地図の楽しみ)