5者のコラム 「芸者」Vol.139

20歳の時には判らなかった大人の真実

 ビジネス・インサイダー・ジャパンに次の記述がありました。「20歳の時には判らなかった大人の真実・7つ」という題名です。興味深いので紹介します。
 1 欲しいものを手に入れるためには長期間・一生懸命働かなければならない。
 2 努力したからといって、必ずしも成功するわけではない。
 3 お金で幸せは買えないが、人生をかなり楽にしてくれる。
 4 睡眠は死んでから取れば良いと言うが、今しっかり睡眠を取るべきだ。
 5 健康でなければ何も出来ない。体のケアをしよう。
 6 友人を作ることは難しくなる。簡単ではない。
 7 10年後の人生は想像とかけ離れている。ストレスに感じなくても良い。
 若手弁護士さんに向かい私も自分の言葉(感覚)で若干敷衍しますね。
1 大人の世界は何かと何かの交換です。欲しいものを手に入れるためには何かとの交換が必要。そのためには長期間かつ一生懸命に働かなければなりませんね。
2 多くの弁護士が成功するために努力します。全員が成功する訳ではありません。
3 弁護士もお金がないと不安。精神衛生を良好に保つためにお金は不可欠です。
4 「睡眠は死んでから取れば良い」と言う弁護士に私は逢ったことがありません。酷い病にならないために弁護士は若い頃から良質の睡眠をしっかり取るべきです。
5 健康を維持するために弁護士も意識的に身体のケアをすることが大事です。
6 弁護士になった後で本当の友人を作ることは難しくなります。他の世界と同様に弁護士業界も金銭・利害関係・主義主張など複雑な事情が絡んでくるからです。
7 10年後の弁護士人生は想像と違います。今から心配しても仕方ありません。

次の記事

著者の視点・編集者の視線