5者のコラム 「芸者」Vol.116

店員の5禁

 私は歴史散歩で日比翁助の言葉を引用しました。(07/7/17)
 日比は社員に対して「士魂」の表現として「接客には親切を尽くすことが何より大切である。口先ばかりの親切ではいけない。腹の底から出た命がけの精神でなくてはならない」と説いていました。日比は「身には前垂れを纏うとも心の内には兜をかぶっている心意気で商売道に精励せよ」と訓示し「店員の五禁」として以下の行為を厳禁しました。
  1 欠伸(あくび) これくらいお客様に対して無礼至極なものあらず。
  2 無愛想     これくらい不愉快を与えるものあらず。
  3 陰口      これくらい嫌な感情を起こさしむるものあらず。
  4 舌打ち     これくらい人をバカにしたるものあらず。
  5 懐手      これくらいお客様を逃がすものあらず。
 以上の規範は弁護士にも妥当します。私も注意をいたします。
1 欠伸  職務の途中で欠伸をするのは御法度です。
2 無愛想  弁護士業は客商売ですから愛想を良くする(少なくとも悪くはしない)ことが肝要です。弁護士は裁判官ではないのですから。
3 陰口   弁護士は仕事の中で他人の陰口を言いたくなることが多々生じます。が、言ってはダメです。「人を呪わば穴2つ」だからです。
4 舌打ち  舌打ちは他人を馬鹿にする態度から生じます。これは弁護士業務において致命傷になります。他者を「主体」として尊重する態度が不可欠です。
5 懐手  サービス業者としての意識は(多少は必要ですが)それが行きすぎると、弊害を生じます。依頼者へのゲスなおもねりは厳禁です。