5者のコラム 「医者」Vol.42

家事事件における人格障害者への対処

 日弁連業務妨害委員会は次のように記しています(日弁連委員会ニュース7頁)。
1 DSM-4B群・反社会性パーソナリティ障害:人生経験上、暴力で問題を解決した成功体験で身につけた行動パターン。対策として、余計なことは言わない・書かない。見下したような表現や上からの言い回しを避ける。早めに警察に相談し刑事告訴・面談禁止仮処分などを迅速に行う。
2 自己愛性パーソナリティ障害:自分は素特別で偉大な存在だと思い、称賛や好意や厚遇を得たいと思っている。ウソをついても自分は許されると思っている。対策はウソを見抜く力を養う。
3 DSM-4A群・妄想パーソナリティ障害:弁護士が解釈の余地を残す説明をした際、都合よく拡大解釈したり、揚げ足取りとしか思えない解釈をする。受任事件以外の相談をされた場合は別件になることを説明して別途時間を設ける。委任事項を明確にする。
 同委員会の総括は以下のとおりです(若干省略)。
1 転職癖があったり依存しつつ暴力を振るうタイプは失うモノがないので特に危険。
2 彼らの言動に腹が立っても侮辱したり矜持を傷つける非難をしてはいけない。
3 事件は業務時間内外を問わず発生している。セキュリティ対策を導入。
4 最後は時間が解決する他ないと割り切る。
 本当に危険なのは家事事件です。セキュリティを向上させるべきです。

前の記事

悲観と楽観の弁証法

次の記事

中高年男性の自殺