5者のコラム 「易者」Vol.146

他人の予測不可能性と折り合うこと

 内田樹先生が教育に関して素晴らしい比喩をあげておられます。
 今回の対談は現代人の生きる力の衰えについての話から始まります。どうしてこんなに生命力が衰えたのか。本書では語り切れなかったので、ちょっとだけここで加筆しておきますけど、その理由の1つは産業構造の変化だと思います。農作物をつくった経験のある人が少なくなった。種子を土に蒔き水や肥料をやって・太陽に照らし・病虫害から守っていると、ある日芽が出てきて作物が得られる。人がかかわることのできるのはこのプロセスのごく一部に過ぎません。他にあまりに多くのファクターが関与するのでどんなものが出来るのかを正確に予測することはできません。だから「豊作」を喜び「凶作」に涙した。でも今はそんなふうにものを考える人はもう少数派です。現代人が「ものを作る」という時にまず思い浮かべるのは工場で工業製品を作る工程だからです。この転換によって「子どもたちのどのような潜在可能性が何時どういうかたちで開花するかは予見不能である」という農作業において「当たり前」だったことが「非常識」になりました。それより早い段階で、どの種子からどんな果実が得られるかを的確に予見することが教師の仕事になった。
 生きた人間と付き合うとは他人の予見不可能性と折り合うことです。自分が知っているのは他人のごく一部。他人が知っている自分だって自分のごく一部です。多くのファクターが関与するので、どんな人的関係が出来るのかを事前に予測することなど出来ません。弁護士は「工業モデル」ではなく「農業モデル」を脳の中に構築すべきです。日頃から種子を土に蒔いて・水や肥料をやって・太陽の恵みを受け・病虫害から守る。ある日芽が出てきて作物が得られる(かもしれない)。実際に作物を育てるのは自然の力です。弁護士業務でも「自力」を過信しすぎるのは思わぬ過誤を招きます。大いなる「他力」を意識することも必要だと考えます。