樋口法律事務所

法律相談のご案内

法律相談は基本的に30分・5400円です。
電話予約の上で御来所頂きますようお願いします。
電話は午前9時から午後5時30分まで受け付けます。
なお、以下の準備をしていただけますと
相談が能率的かつ明快に進みますので宜しくお願いします。

ご相談の内容に関わらず、ご持参いただきたいもの

・みとめ印
・事実経過表(ご相談に至るまでの経緯を、年代順に記載していただくとスムーズです)

ご相談の内容別にご持参いただきたいもの

ご相談の内容 ご持参いただきたいもの
交通事故 ・損害保険会社から受領した書類全て
・交通事故証明書
・診断書、(後遺障害が残った場合は)症状固定診断書
・病院の領収証
★事故により収入が減少した場合
・休業証明書(休業日数や収入減少がわかる証明をもらっていれば持参)
・事故前と事故後の収入の差がわかる給与明細など
★死亡の場合
・葬儀・法要にかかった費用の領収証
・生前の所得がわかるもの(源泉徴収票・確定申告書・年金証書など)
貸金請求・売掛金請求 ・契約書
・取引明細書(入金履歴など)
・請求書や督促状など
不動産関係
(所有権等の移転登記請求、
 建物明け渡し、賃料増減額、
 境界確定など)
・対象物件の登記事項証明書
・対象物件の固定資産税評価証明書
★賃貸物件の場合
・賃貸借契約書
★土地の境界絡みの場合
・字図(法務局にて申請)
多重債務
(任意整理、自己破産申立、
民事再生申立)
〈共通〉
・クレジットカード・・全て返却します
・債権者一覧表・・下記の点を記載して下さい
  借りた会社名と支店名、その住所と電話番号
  最初の借り入れ日
  直近の借り入れ日
  現在の残高
  保証人がいる場合は、氏名と貴方との関係を記載
  ★商品を購入した場合
   買った商品名
   現在の保管場所(無い場合は、いつ・どうやって処分したか)
・住民票(世帯全員が載ったものを取ってください)
・戸籍事項全部証明書(戸籍謄本のことです。)
・住んでいる所の賃貸借契約書(親族の持ち家の場合は、登記事項証明書)
★自分名義の不動産がある場合
・登記事項証明書(法務局で取り寄せ)
・固定資産評価証明書(役所の税務課で取り寄せ)

〈任意整理の場合〉
・契約書、領収証、振込証など
相続に関するご相談
・亡くなった方の除籍事項証明書(除籍謄本)
・相続人の方全員の戸籍事項全部証明書(戸籍謄本)
★遺言書がある場合はその遺言書
★亡くなった方の遺産(財産・負債)の情報
 1、不動産をお持ちであれば、登記事項証明書(法務局で取り寄せ)や固定資産評価証明書(役所の税務課で取り寄せ)
★2、その他−預貯金通帳、保険証券、株券、会員権、車検証など
※負債がある場合は、借入先や借入額のリストを作って下さい
この他、必要な書類一覧(>>サンプル)として、当方より指定させていただく事がございます。