■2018年11月09日(Fri) 医者 122
 弁護士が「全てのことについて全てを知っている」のは不可能です(医者6・07/3/11)。自分が対処できない事案に接した場合にどうするかは常に考えておく必要があります。
 野田一成医師は「患者は知らない医者の真実」(デイスカバー携書21)でこう述べます。
 手術を外科医に委ねる内科医は自分の施設の外科医や外部の医療機関の外科医がどれだけの技量を有しているか把握しておく必要があります。この手術だと自分の施設で十分対応でき、あるいはこのケースは別の施設にお願いした方が良さそうだ、などという判断が出来なければなりません。自らの外科チームの実力を素直に評価し「この患者さんは別の病院に紹介した方がいいよ」と親切に助言してくれる外科医もいましたが「どうして他に紹介したのだ」と気分を害してしまう人もいます。外科医の性格や技量を正確に把握して、患者さんの状態にマッチする良い外科医を見つけ出すのは紹介する内科医にとって腕の見せ所です。
 特殊な事案を他の事務所に紹介する弁護士は、その事務所の弁護士がどれだけの技量を有しているかを把握しておく必要があります。このレベルの訴訟だと自分の地域で対応できるが、このレベルは別の地域の弁護士にお願いした方が良さそうだという判断が出来なければなりません。自らの地域の法律事務所の実力を素直に評価し「この依頼者は別地域の法律事務所に紹介した方がいい」と助言する場合は「どうして別地域の事務所に紹介したのだ」と気分を害してしまう人がいるかもしれません(「地産地消論」の方)。私も一般的事案は地域に根付いた弁護士のほうが良いと思いますが、特殊な事案では「スペシャリスト」と評価されている弁護士を紹介すべき場合が多いと感じています。特殊事案に精通したスペシャリストの性格や技量を正確に把握し、依頼者の状態にマッチする良い弁護士を見つけ出して事件を繋ぐのは紹介する弁護士にとっても腕の見せ所だと言わなければなりません。