■2018年09月19日(Wed) 易者 120
 私は双子座の生まれです。鏡リュウジ「『占い脳』でかしこく生きる」(河出書房新社)に書かれている双子座の記述を読んでみました。とても興味深く感じます。
(星座の由来)
 双子座は仲の良いカストルとポルックスの姿が星座になったものといわれています。2人とも人間であるスパルタの女王レダから生まれますが、父親は違いました。カストルは神々の王ゼウスの血を引いたので不死。ポルックスの父はレダの夫で、人間だったので、いつかは死ぬ運命にありました。ポルックスが戦で命を落としたとき、カストルは神々に対し自分も死ねる体にしてくれと申し出ます。この兄弟愛に感動した神々は双子を天に上げたのでした。
(星がささやくあなたの性格)
 双子座のモデルとなったカストルとポルックスは、一方が不死で一方が死ぬべき運命にありました。もしも、あなたが大人になりたくないと心のどこかで願っているとすれば、それは魂の「不死の部分」を意識しているからこそ。しかし双子の2人のどちらの要素も持つあなたは光と闇・善と悪・男と女など、対照的なものをどちらも知っている賢い人です。双子座が研究・調査リサーチ・翻訳などに力を発揮するのはそのためです。(130頁)
 一般に占いには「バーナム効果」が認められています(易者36・10/4/1)。誰にでも当てはまると思われる記述を「これこそがあなたの結果です」といって示されると、多くの人々がそれを単純に受け入れてしまう効果のことです。それを意識している私ですら、上記の記述にはドキッとしてしまいます。私はこのコラムにおいて「複眼的な認識」の意義を繰り返し述べてきました。読書と経験にもとづく知見と自分では考えていたのですが、それが「双子座生まれに由来する生来的なものだ」と言われると、神秘的なものを感じてしまいます(笑)。