■2018年04月20日(Fri) 役者 116
 ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(1951)発足以前、ドイツとフランスの仲の悪さは日中関係より激しいものでした。アルザス・ロレーヌ地域をめぐる領土紛争が両国間に穿たれた楔でした。このような中でヨーロッパ石炭鉄鋼共同体を成立させる「立役者」となったのがジャン・モネです。ジャン・モネは酒を媒介に人脈を築き、これを媒介にして相互不信の塊だったドイツとフランスの関係を修復しました。(ウィキペデイアより引用)
 1919年から1923年にかけ、モネは国際連盟の事務次長を務め、その後1938年までコニャックで家業を営んでいた。1932年以降モネは国際的に様々な分野で提言し、世界各地で影響力を持つようになっていた。第二次世界大戦の際にモネはフランスとイギリスの軍事物資の管理に関する共同委員会の特別委員長に就任。終戦後フランスの復興に関し要職に就きモネ・プランを立案した。その中で西ヨーロッパの鉱工業の共同化構想が持ち上がり1950年5月9日当時のフランス外相ロベール・シューマンが、この構想をいわゆるシューマン宣言として国内外に発表する。モネはシューマン構想を協議する場の議長を務め、協議の結果、欧州石炭鉄鋼共同体が設立されることになった1952年から1954年までモネは欧州石炭鉄鋼共同体の最高機関(のちの欧州委員会)の初代委員長を務める。このような経歴を重ねることでモネはヨーロッパ経済の発展に大きな影響力を持つようになり、政治手腕についても1975年に活動を引退するまで国際的に高い評価を受けていた。(引用終)
 政治的対立を和解させることができる立役者は(幕末に活躍した坂本竜馬が商社的志向の強い人物であったように)商業的才能がある人のようです。伊藤忠商事で才能を発揮した丹羽宇一郎氏が在中国全権大使に抜擢されたのはこの意図にもとづくものでした。丹羽氏が書かれた「中国の大問題」(PHP新書)を読むと同氏が日中関係について高い見識をお持ちなのは明らかなのですが、視野の狭いナショナリストには理解されなかったようです。
■2018年04月11日(Wed) 学者 116
 田中成明先生は「法的思考とはどのようなものか」(有斐閣)でこう述べています。
 法的思考の本質は、法律学の語源である”法の賢慮”(juris prudedentia)が象徴的に示しているように理論知ではなく実践知にあり、法に関する単なる知識(knowledge)ではなく、それを正義の実現のために用いる知恵(wisdom)にみられる。法的思考の固有の守備範囲はもともと時代の先端に立って鮮明な旗印を掲げて華々しく社会をリードすることではなく社会的摩擦の調整や紛争の解決など事後処理的ないし予防的な地味な社会的活動にあるとみるべきであり、その社会的役割を過大評価すべきではない。とはいえ、このような地味な役割が適正に果たされていることは政治社会が全体として公正かつ実効的に作動するために不可欠である。むしろ現代のような時代であるからこそ、法的思考が古代ローマ法以来の長い歴史の中で磨き上げてきた人間的叡智の豊かさと深さを正しく理解し、その知的地平と社会的役割にふさわしい評価を与えることが深く求められているとも言えるのである。(47頁)
 弁護士実務における法的思考の本質は理論知ではなく実践知にあります。リーガルマインドは法に関する知識ではなく、正義の実現のために用いる知恵にこそ認められるのです。
 実務法曹の固有の守備範囲は、時代の先端に立ち・鮮明な旗印を掲げて・華々しく社会をリードすることではありません。社会的摩擦の調整や紛争の解決などの地味な社会的活動にあります。現代は「未来に対する不安」が顕在化している時代です。そのような時代であるからこそ、法的思考がローマ法以来の長い歴史の中で磨き上げてきた人間的叡智の豊かさと深さを正しく理解し、その知的地平と社会的役割にふさわしい評価を与えることが求められています。法に関する知識ではなく、それを正義のために用いる知恵を重視すべき所以です。
■2018年04月06日(Fri) 医者 116
 子供の頃、駄菓子屋さんで景品籤付きのお菓子を買うのが好きだった。あるとき、素敵な景品が前に掲げられていた籤付きのお菓子があった。お菓子などはどうでもよくて、その景品が欲しくて欲しくてしょうがなかった。ある日、駄菓子屋さんに行ってみたら残り籤は3本になっていた。景品はまだ残っていた。全部買えば絶対にあの景品が当たると信じ、なけなしの小遣銭をはたいて3本全部買った。全部「スカ」だった。信じられない気持ちで、おばちゃんに「あの景品の当たり籤はないと?」と聞いたら「あれは飾り物!」と言われた。大人は汚いと思った。景品表示法で訴えてやる(笑)。 以下、FB友達との議論。
1 お祭りのくじ引き屋で同じような目に遭ったことがあります。
2 景表法違反で火祭りにして差し上げたい気分です(笑)。
3 皆様、意外と同じような目にあっているんですねえ。
4 小学生の頃、久留米水天宮のお祭りの的屋に身ぐるみはがされ・帰りのバス賃も無くなり
 謀られたことも気付かず・筑後まで歩いて帰った思い出。あれは飾りだったのか!
5 私にも同様の経験があります。今思えば、あれが「大人の世界」だと痛感します(笑)。
6 おばちゃん、そらいかん!^_^
7 大阪では普通に横行してたみたいです(笑)。
8 お祭りで1番当たりくじが出て、それを見せたら店のおじさんが「そんなはずあるわけがな
 い!」と言われました。よくみたら印刷ミス(かすれてたかなにか)だった。そのおじさんに、
 「当たりくじは入っていないんだ」という貴重な真実を教えられた小学生でした。
9 うーむ。子供の頃にこういう経験を積んでいたほうが大人になって詐欺被害にあわないの
 かもしれん。我々は「免疫療法」を施されていたのか(笑)。        (2017年4月27日)